ひめじ良さ恋まつりとは

平成12 年、当時「まちを元気にしたい」と高知で開催されている「よさこい祭り」をひとつの手段と考え、姫路商工会議所青年部が中心となって立ち上げました。
「市民が作る」「市民が参加する」「市民が燃える」をコンセプトに、イベントではなく、「人と人との交流」を市民の方に感じていただく「まつり」を追求してきました。
踊り子の元気が、町に飛び火していくように、また応援していただける皆さんに感謝の心を持つ踊り子に成長するように、そして様々な人々が様々な形でまつりに携わることで、それぞれが自己実現を図る祭りでありたいと願っています。

元気を表現する
元気を発信する
元気を伝染する
そんなまつりが
まちを元気にします