たかさき雷舞フェスティバルとは

『雷舞』とは、全国的に広がりをみせている“鳴子踊り”に高崎の特色を取り入れたダンスパフォーマンスで、高崎の街を舞台として、生(LIVE)の迫力で、群馬の風物詩とも言うべき「“雷”のように激しく舞う」という意味が込められています。

曲には地域に縁のある「八木節」などのアレンジ曲を使い、手には「鳴子」を持ち、思い思いの衣装を身に纏い、舞い踊ります。誕生当初は高崎まつりにおいて実施していましたが、若い年代の方を中心に浸透し、まつりの中でも一番賑わうようになったため、平成16年度から「たかさき雷舞フェスティバル」として単独開催することとなりました。

この「たかさき雷舞フェスティバル」開催を通じて、新たなイベントとしての定着と、それに 伴う賑わいの創出、市外・県外からの誘客と市街地活性化、及び都市型観光の促進を図ります。