すずかフェスティバルとは

すずかフェスティバルは「市民が創り、誰もが参加でき主役になれる祭り」を目指しています。

●すずかフェスティバルの経緯●                     
「すずかフェスティバル」は1996年8月に「市民が創り誰もが参加でき主役になれる祭り」を開催趣旨のもと、「踊り」をメインテーマとして産声を上げました。

~1996年~  
    3月   第15回鈴鹿まつり   中止
    7月   すずかサマーフェスタ 96(県立鈴鹿青少年の森)
   11月   すずかフェスティバル実行委員会設立

~1997年~
    8月   第1回すずかフェスティバル
           場所:石垣池公園
           観客:20,000人
           キャッチフレーズ:『いま!鈴鹿が踊る』
           踊り子:1,100名(83チーム)

~1998年~
    8月   第2回すずかフェスティバル
           場所:石垣池公園
           観客:30,000人
           キャッチフレーズ:『いま!鈴鹿が踊る』
           踊り子:1,300名(59チーム)

~1999年~
    8月   第3回すずかフェスティバル
           場所:石垣池公園
           観客:35,000人
           キャッチフレーズ:『いま!鈴鹿が踊る』
           踊り子:1,300名(53チーム)

~2000年~
    8月   すずかフェスティバル2000
           場所:弁天山公園周辺(踊り会場6会場)
           観客:2日間延べ70,000人
           キャッチフレーズ:『まちが舞台だ!道(ここ)から始まる』
           踊り子:2日間延べ2,250名(97チーム)

~2001年~
    8月   第5回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、サンズ、ハンター、ベルシティ
           観客:2日間延べ72,000人
           キャッチフレーズ:『祭りの鼓動(こえ)!19万人総踊り!』
           踊り子:2日間延べ2,500名(89チーム)

~2002年~
    8月   第6回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、サンズ、ベルシティ
           観客:2日間延べ75,000人
           キャッチフレーズ:『魅力体感!!』
           踊り子:3,300名(92チーム)

~2003年~
    8月   第7回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、サンズ、神戸本通り
           観客:2日間延べ100,000人
           キャッチフレーズ:『みんなでいっしょ(^-^)v 楽しさ無限大!』
           踊り子:4,300名(122チーム)

~2004年~
    7・8月   第8回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、サンズ、神戸
           観客:2日間延べ100,000人
           キャッチフレーズ:『盆・正月・すずフェス』
           踊り子:5,600名(166チーム)

~2005年~
    7月   第9回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、サンズ、神戸
           観客:2日間延べ110,000人
           キャッチフレーズ:『DANCE SAVES the EARTH ~鈴鹿(すずか)楽(らく)祭(さい)~』
           踊り子:3,000名(90チーム)

~2006年~
    8月   第10回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸、ハンター、サンズ、ベルシティ
           観客:2日間延べ115,000人
           キャッチフレーズ:『We ラブ すずフェス』
           踊り子:3,100名(93チーム)
               ・踊り大会 93チーム約3,100名

~2007年~
    8月   第11回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸、ハンター、サンズ、ベルシティ
           観客:2日間延べ110,000人
           キャッチフレーズ:『NO SUZUFES, NO LIFE』
           踊り子:3,121名(97チーム)

~2008年~
    8月   第12回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸、ハンター、サンズ、ロックタウン
           観客:2日間延べ110,000人
           キャッチフレーズ:『夏/366=すずフェス』
           踊り子:3,095名(94チーム)

~2009年~
    8月   第13回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸、ハンター、サンズ
           観客:2日間延べ90,000人
           キャッチフレーズ:『忘れられない夏がくる』
           踊り子:3,192名(105チーム)

~2010年~
    7月   第14回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸、ハンター、サンズ
           観客:2日間延べ120,000人
           キャッチフレーズ:『夏はsuzufes color』
           踊り子:2,862名(103チーム)
               ・踊り大会 103チーム 2,862名

~2011年~
    8月   第15回すずかフェスティバル
           場所:弁天山公園、白子駅前、神戸(市役所西)、ハンター、サンズ
           観客:2日間延べ110,000人
           キャッチフレーズ:『真骨頂~今年もみんなが主人公~』
           踊り子:2,766名(96チーム)

●歴史●
   前身は1978年に開催された「鈴鹿市民フェスティバル」で
   1982年からは「すずかまつり」として1995年まで開催され
   1996年には「すずかサマーフェスタ’96」が開催され
   1997年8月に鈴鹿市石垣池公園にてすずかフェスティバルが生まれました。
   2000年には場所を鈴鹿市弁天山公園周辺に移し一部道路を封鎖してパレードを行いました。
   2001年場所を同じくして8月11、12日に開催されました。
   2002年弁天山公園(鈴鹿ハンター南)をメイン会場に、白子サンズ、駅前、ベルシティにて開催。
   2003年ベルシティに変わり神戸会場を開催予定

●概要●
   踊りを中心とした参加型の祭り
   誰でもチームを組んで参加できる
   実行委員会は市民と行政、各種団体が互いに協力しあって構成されている