坂戸よさこいとは

坂戸よさこい

「人も街もいきいきと輝くまちづくり」をビジョンに掲げた「坂戸よさこい」は、2001年に市制施行25周年を記念して開催された「坂戸市民まつり」が始まりでした。第1回の参加チーム数は67チーム、約4,600人の踊り子が艶やかに舞いました。また、12万人の人出で坂戸の街が賑わいました。

毎年8月の第3土曜日、日曜日(但し、お盆と重なる場合は翌週)に開催され、2005年の第5回から前夜祭も実施されるなど、回を重ねるごとに規模を増し、市内外からも熱い視線を集めています。多くの人々の支援に育まれながら、全国有数のよさこいまつりに成長しています。

第13回坂戸よさこい 受賞チーム

【坂戸よさこい大賞】坂戸市長賞 上總組(坂戸市)
【坂戸よさこい準大賞】埼玉県知事賞 勇舞会(富士見市)
【坂戸よさこい準大賞】坂戸市議会議長賞 真舞會(坂戸市)
【高知市長賞】 舞人(日高市)
【高知県知事賞】 花町百人衆(坂戸市)
【よさこい祭振興会長賞】 御侠衆柏崎(新潟県)
【優秀賞】(社)埼玉県物産観光協会長賞 銀輪部隊(東京都)
【優秀賞】坂戸市商工会長賞 燦-SUN-(東京都)
坂戸楽天(坂戸市)
【審査員特別賞】 山村国際高校鳴子連(坂戸市)
JAいるま野北部女性部(坂戸市)
おどり隊連(鶴ヶ島市)
和楽(川島町)
彩華連(坂戸市)
坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校撫子(坂戸市)