ゑぇじゃないか祭りとは?

維新変革期、民衆が世直しを求めて発生したという「ええじゃないか」に象徴される踊りのパワーにあやか り、財政難で喘ぐ地元に、活力と元気を取り戻そうと、泉佐野市を拠点に活動するよさこいチーム「泉州ソーリャ踊り子隊(代表 藤田純子)」が呼びかけ、 2004年に「にぎわい夢創りプロジェクト実行委員会」を設立。世代、地域、国を超えた幅広い人々との交流、感動の共有を図れるプロジェクトを通じて、地 域の活性化と賑わいのあるまち創り、そして新しい文化の創造に寄与することを目的に、同年10月、誰もが持つ素晴らしい自己のエネルギーを発揮できる祭り 「ゑぇじゃないか祭り」を旗揚げしました。

運営資金集めからガイドブックの制作、タイムスケジュールの作成、当日の舞台進行、受 付、警備、清掃活動にいたるまで、地元の元気な中高年の女性達で構成する「泉州ソーリャ踊り子隊」のメンバーが中心となったボランティアがゑぇじゃないか 祭りを支えています。踊り子としても活動するメンバーだからこそ、踊り子達の気持も理解でき、参加者からは、大阪のおばちゃん人情溢れるいいお祭りと高く 評価されています。 第1回目は40チーム、踊り子約1200人の参加だったのが、2回目以降、年々増加し、第9回では120チーム、踊り子約5000人の参加を超え、会場も 4会場から7会場に増設されています。地域を越えて、世代を越えて、あらゆる垣根を越えて、みんなが一丸となって取り組み、笑顔と活気にあふれたお祭りに 成長しています。

【コンセプト】
  ● 人、世代、地域、国を越えたコミュニケーション活動。
  ● 伝承文化の継承と埋れた文化の再発見、並びに地域愛・郷土愛を育む。
  ● 祭りで学ぶ社会性・協調性~次世代を担う青少年の健全育成。
  ● 障がい者、高齢者なども一緒に活動するノーマライゼーションの推進。
  ● 新しい祭り文化創造で、地域の活性化、一体感を図る。
  ● 災害などで被災した人々、地域に対し支援活動を行う。